2011年12月09日

粉ミルクの件

ご無沙汰です。
毎日ツイッターを眺めているのですが…
どの情報をここに載せていっていいのか、迷っています。

驚くような情報は沢山ある。でもそれを否定する情報も沢山ある。

私自身がそれを検証できる時間があればよいのですが…
なかなかそんな時間もなくて。

例えば今話題の粉ミルク。

おさらいすると、明治の粉ミルク「ステップ」から、1sあたり約30ベクレルの
セシウムが検出された、んですよね。

それについての意見…


◆粉ミルクから放射性物質のセシウムが検出された件に関し、日本産科婦人科学会は、「汚染粉ミルクを毎日60g、4ヶ月間飲み続けた児であっても粉ミルクから受けた被曝量はたいへん微量」として、健康被害について心配する必要はないと発表しています。http://www.jsog.or.jp/news/html/announce_20111208.html



◆【チェルノブイリ(ベラルーシ)の粉ミルクの基準】1年目から18500、3年目から1850、5年目から758.5(セシウム137=740、ストロンチウム90=18.5)7年目から現在740 (単位:bq/kg)http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/saigai/Mtk95-J.html 
(↑だから気にしないでいいんじゃないか、というツイート)




という意見と…




●粉ミルクの件では、飲んでも大丈夫などと云う妄言を吐いている専門家がいるようだが、そもそも食品衛生法で規制されている有害物質を安全と云うのは法律違反を助長する発言だ。飲んだ人への不安に寄り添う発言だと言うなら現況で可能な検査や十分なフォロー体制を求める発言を最後に付け加えるべきだ。

●明治の粉ミルクから放射性セシウムが検出されました。赤ちゃんしか飲まない粉ミルクで放射性物質が検出されたことは深刻です。これまでも、たくさん出回った可能性がありますし、食品不安が止まらなくなります。暫定基準も駄目、サンプル調査も駄目です。 http://goo.gl/gC1Ds


という意見(おおざっぱですが)があります。


他の事例ではなんとも言えませんが、赤ちゃんが口にするものって、お母さん自身も口にするものを
気を付けますよね。

喫煙者だったら喫煙をやめたり、アルコールの摂取を控えたり。

そのくらい気にしているのに、有害な物質、放射性物質が混入されているのを
「影響はないから」と言われても飲まることができるでしょうか…。

チェルノブイリの時は粉ミルクの基準がとても高かったんだから、気にしないで、っていう意見も
おかしいと思うんです。
高い基準でも安全ということがどうして言えるんだろう。
チェルノブイリで基準が高かろうが、セシウムが検出されていることは事実。
それを子供に飲ませたくないと思うのは、母親としての当然の心理。

だから不買運動をしよう!!、というのもちょっと違うとは思うけど。

でもちょっと明治のミルクは控えていよう、と飲まないのは…
果たして風評なのかな??

飲んでも安心だ、というのならその根拠(検証結果など)を示して欲しい。
私たちは「危険かもしれない」のであれば、そんなものを子供に与えたくないだけだし。

どっちの見方も公平に読もうと思っているんだけど、やっぱり駄目だな。


ほんと、両極端で困るー!






posted by mayu at 16:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。