2011年10月13日

私が放射線に注意し始めた訳、そしてなにがそんなに怖いのか。

(できる限り多くの人に読んでもらいたいので、何日間か一番上の記事にしておきます)

今日は、ここにいろいろな情報を集めては載せ…みなさんに宣伝してみてもらいたい!
と思うまでのきっかけ、放射線を危険なものと認識し始めたきっかけを書いておこうと思います。

むやみやたらにどんな情報をも信じて、危険だ!!!と騒いでいるわけでは決してないのです。

だって、最初は今の御用学者(東電と癒着している学者)と同じように、
放射線は安全、と思っていたから。

++++++++++++++++++++++

私の父は、高エネルギー加速器研究機構という研究所で働いていました。
毎日放射線を扱う仕事です。
病院でレントゲンを撮る放射線技師とかと同じくらいか、もしくはそれ以上だと思います。
ですから、父は放射線に関しては専門なのです。

その父が、このくらいの放射線は大丈夫だ、と言い続けていたのです。

放射線は毎日、今でも、宇宙から降り注いでいます。
なので、事故前でもここは0.06μSvくらいの数値はでます。
そして、インドのケララ地方では0.4μSvもあります。ですが、
この地方で特別甲状腺ガンが多いかといっても、そうではありません。
ラドン温泉に行っても放射線数値は高いです。もちろん、レントゲンや、CTスキャン等
でも数値の高い放射線を浴びます。

上記の話を、政府や御用学者は声高々に挙げて「だから安全です!」と言います。

父も、毎日浴びていたのに元気だから、と鼻で笑っていました。
だから私も安全だと思っていたのです。

ですが、明らかに状況が違うことを知ったのです。

事故前は、放射性物質(わかりやすい物質だとセシウム、ヨウ素、ストロンチウム)がふわふわ浮いているわけではありません。
この放射性物質は体の中に入り込んで、半減期(わかりやすく言うと、物質が壊れる時期)がくるまで体内で放射線を出し続けます。レントゲンや、CTスキャン等、では、放射性物質自体が飛んでいるわけではないのです。放射性物質から出る放射線(中性子線や、X線、陽子線など)を当てているだけなのです。

事故により飛来した放射性物質は、悪いことに土壌に溜まり、野菜を汚染します。
海に垂れ流した大量の放射性物質は海産物に溜まり続けます。
今まだ状況が不透明な福島第一原発からは、放射性物質が飛来している可能性もあります。

あんなに安全だといっていた父も、茨城産の新米を食べるのをやめ、
実家の周りの除染をはじめました。(実家は部屋の中でも0.2μあります。空地はメーター振り切れた!)
庭で作っていた野菜も、子供たちには絶対食べさせません。

茨城では、私たちと同年代の大人にもさまざまな症状がでています。
明らかに事故前とは違っているのです。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


とにかく、セシウム、ストロンチウム(ヨウ素131は半減期が8日なので、事故当時よりは
危険ではないと思います。)を体内にいれないこと=内部被ばくを減らすこと…が必要でしょう。


事故前の自然放射線、そして日常で浴びる放射線。
そして事故後、私たちが浴び続けている放射線。

これらは決して同じではないのです。
混同することなく、子供たちに安全なものを食べさせ、必要であれば避難させること。


今後私たちに必要なのは、全てを受け止め、行動する勇気なのかもしれません。





posted by mayu at 20:28| 神奈川 ☁| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらには初めてお邪魔します(*^_^*)

「よっしぃ」で正体わかるかな…。

よろしくお願いします<(_ _)>

この記事が多くのお母さんたちに読んでもらえると
いいなと思いました。

”行動する勇気”の言葉が重く伝わりました。

何もしないと子供たちは更に内部被曝していくのが現実なんですよね。

今日もこんな記事↓を目にして…。

http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/48474332.html

Posted by よっしぃ at 2011年10月14日 13:50
よっしぃさん、初コメントありがとうございます!
コメントなんてつかないと思ってたから、見逃してました…。ごめんなさい(汗

実は、こんなことしていいものだろうかと、葛藤があったのですが…
色んな情報を目にするたびに、皆に言わなくていいのだろうか…となんかそわそわしちゃって。

少しでも多くの人が気を付けてくれるようになれば
子供たちの未来も明るい!
一緒にがんばっていきましょう〜!!

横浜の記事、私も読みました。そう遠くない場所なのに、なぜ綾瀬市は水曜日だけなんだろう?
…と思ったのですが、やっぱり綾瀬市は声を上げる親たちが圧倒的に少ないんです。
小さな声をまとめていけば大きな声になります。
是非よっしぃさんもお友達に広めてみてくださーい!!
Posted by mayu at 2011年10月15日 00:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。