2011年10月12日

ストロンチウムについて

遠くまで飛ばないといわれていたストロンチウムが、横浜で発見されたことについて。
横浜でストロンチウム検出 100キロ圏外では初

横浜市港北区のマンション屋上の堆積(たいせき)物から、195ベクレル(1キロあたり)のストロンチウムを、民間の分析機関が検出した。東京電力福島第一原発事故で放出されたとみられ、結果の報告を受けた横浜市は、再検査を始めた。

検出されたのはストロンチウム90(半減期約30年)。文部科学省の調査では福島県内や宮城県南部など福島第一原発から100キロ圏内で検出されているが、約250キロ離れた横浜市内では初めて。

場所は築7年の5階建てマンション屋上。7月、溝にたまった堆積物を住民が採取し、横浜市鶴見区の分析機関「同位体研究所」で測定した。放射性物質が蓄積しやすい条件とみられるため単純に比較できないが、4〜5月に福島市内の土壌から検出された77ベクレルと比べても高い値だ。

同じ堆積物からは6万3434ベクレル(1キロあたり)のセシウムも検出。私有地であることを理由に公表していないが、市衛生研究所でのセシウムの再検査でも、同じ堆積物から10万5600ベクレルが検出された。

2011年10月12日3時32分 asahi.com

http://www.asahi.com/national/update/1012/TKY201110110626.html



港北区内の堆積物にストロンチウム、専門の分析機関に検査依頼/横浜
横浜市は11日の市会決算特別委員会で、高い数値の放射性セシウムが検出された港北区内の堆積物について、人体に大きな影響を及ぼす放射性物質のストロンチウム2 件に関しても専門の分析機関に測定依頼していることを明らかにした。

汚染の懸念される同区内の堆積物を民間機関に調査依頼した市民が「放射性セシウムだけでなくストロンチウム2 件も確認されている」と指摘。市は堆積物を採取し、10月初めに検査を依頼した。

市健康福祉局は「堆積物からセシウムが検出されれば、ストロンチウム2 件も微量に含まれていると認識している。今回はその割合を調べるために行う」と説明している。近く結果を発表するという。

2011年10月11日 神奈川新聞社(カナロコより)

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1110110035/


--------------------------------------

ストロンチウムとは

放射性ストロンチウムは、ウランが核分裂する時にできる放射性物質で、放射線の量が半分になる期間の「半減期」が29年のストロンチウム90と、50日のストロンチウム89などがあります。

ストロンチウム90=半減期が長い(29年)

ストロンチウム89=半減期が50日


大気中に放出されると、牧草や野菜に付着し、とくに牧草を食べた牛の牛乳を通じて、体内に入り込むおそれがあります。

カルシウムと性質が似ているため骨に蓄積して、長期間にわたって放射線を出し続け、がんを引き起こすおそれがあるとされています。ほかの放射性物質と見分けがつきにくいベータ線という放射線だけを出すことから検出が難しく、放射性ストロンチウムが土壌に含まれているかどうか分析するには1か月程度かかることもあるということです。

1960年代には核実験の影響で世界中で大気中の濃度が上がったほか、1986年のチェルノブイリ原発事故の際にも周辺地域から検出されていますが、大気中に放出された放射性ストロンチウムが
健康にどのような影響を及ぼしたかについてははっきりと分かっていません。


NHK科学文化部ブログより

-------------------------------------


posted by mayu at 15:36| 神奈川 ☀| Comment(0) | 放射線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。