2011年11月07日

「低線量ひばくから子どもの未来を守る 生活手帳」

友達がメールをくれました。



Amazonで「低線量ひばくから子どもの未来を守る 生活手帳」というものを購入したと。






311からの行動を記録にとどめておけるものらしく。
事故当時どこにいて、なにを食べたか。避難するのにいくらかかったか。事故以降、なにを食べ、どんな体調か。
毎日の記録を書けるらしい。


概要は(コピペ)
福島市を拠点に活動する「市民放射能測定所」(丸森あや理事長)が、独自の「生活手帳」を発行した。原発事故後の行動や食生活などを記録して、低線量被曝の影響を検証する際の資料としてもらう。出版社を通じて全国の書店で販売するとともに、売り上げなどで福島の子どもたちに無料配布する計画。一冊税込み300円。

保護者と子どもの名前、住所を書き込むページには、体内に取り込まれた放射性物質の核種を調べるときのために髪の毛や乳歯を張り付けておく欄がある。

3月中の記録は、自家栽培の野菜を食べたかや、どんな水を飲んだか、屋内外のどこで何時間過ごしたかなどの状況を細かく記入できる。その後は来年の3月11日まで、毎日の所在地と行動、体調、食事、出費や放射線量などを記入する形だ。




といったもので。
売り上げなどで福島の子どもたちに無料配布する計画だそうです。



友達は、
「思い出せない事もたくさんあるんだけど、できる限り記録しておくことが大切かと思って買いました。
子供用と言っても、中には「20歳を過ぎていても記録してあげてほしい」とありましたから、大切な子供を守る親としては年齢関係ないんだよね。

このノートの中に、子供が成長して親元を離れる時にこの手帳を渡してあげてくださいってあったのもなんか印象的な一言で。
それだけ今回の事故って、子供達にとって一生付きまとうものなんだなぁって思ってしまいましたわ(-"-)

健康で成長してくれれば、きっとこの手帳は311のあの時からあなたはこんな生活を送ったのよ。親はこんなに必死にあなた達を守ろうと頑張ったんだよという証にもなるだろうし。
もし、あってはならないことだけど、万が一の事があれば、この手帳の記録から何かがわかるかもしれない。
と思ってね。」

と。なんだかウルウルきた私…。


「飯館村も村で作成した同じような健康手帳を配布していて県外の人にも1000円で購入してもらえるようなのもあります。
「までいなからだ健康手帳」ってやつで、手帳ではなくPDFでの配布もしてます。PDFのは無料。
大人はこっちので記録してもいいかもしれないです。」



とも。
こちら↓
http://space.geocities.jp/iitate0311/notebook.html


いつも、とても良い情報をありがとう(:_;)
私も是非購入してみようと思います。

posted by mayu at 01:10| 神奈川 ☀| Comment(0) | 放射線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。