2011年11月07日

「低線量ひばくから子どもの未来を守る 生活手帳」

友達がメールをくれました。



Amazonで「低線量ひばくから子どもの未来を守る 生活手帳」というものを購入したと。






311からの行動を記録にとどめておけるものらしく。
事故当時どこにいて、なにを食べたか。避難するのにいくらかかったか。事故以降、なにを食べ、どんな体調か。
毎日の記録を書けるらしい。


概要は(コピペ)
福島市を拠点に活動する「市民放射能測定所」(丸森あや理事長)が、独自の「生活手帳」を発行した。原発事故後の行動や食生活などを記録して、低線量被曝の影響を検証する際の資料としてもらう。出版社を通じて全国の書店で販売するとともに、売り上げなどで福島の子どもたちに無料配布する計画。一冊税込み300円。

保護者と子どもの名前、住所を書き込むページには、体内に取り込まれた放射性物質の核種を調べるときのために髪の毛や乳歯を張り付けておく欄がある。

3月中の記録は、自家栽培の野菜を食べたかや、どんな水を飲んだか、屋内外のどこで何時間過ごしたかなどの状況を細かく記入できる。その後は来年の3月11日まで、毎日の所在地と行動、体調、食事、出費や放射線量などを記入する形だ。




といったもので。
売り上げなどで福島の子どもたちに無料配布する計画だそうです。



友達は、
「思い出せない事もたくさんあるんだけど、できる限り記録しておくことが大切かと思って買いました。
子供用と言っても、中には「20歳を過ぎていても記録してあげてほしい」とありましたから、大切な子供を守る親としては年齢関係ないんだよね。

このノートの中に、子供が成長して親元を離れる時にこの手帳を渡してあげてくださいってあったのもなんか印象的な一言で。
それだけ今回の事故って、子供達にとって一生付きまとうものなんだなぁって思ってしまいましたわ(-"-)

健康で成長してくれれば、きっとこの手帳は311のあの時からあなたはこんな生活を送ったのよ。親はこんなに必死にあなた達を守ろうと頑張ったんだよという証にもなるだろうし。
もし、あってはならないことだけど、万が一の事があれば、この手帳の記録から何かがわかるかもしれない。
と思ってね。」

と。なんだかウルウルきた私…。


「飯館村も村で作成した同じような健康手帳を配布していて県外の人にも1000円で購入してもらえるようなのもあります。
「までいなからだ健康手帳」ってやつで、手帳ではなくPDFでの配布もしてます。PDFのは無料。
大人はこっちので記録してもいいかもしれないです。」



とも。
こちら↓
http://space.geocities.jp/iitate0311/notebook.html


いつも、とても良い情報をありがとう(:_;)
私も是非購入してみようと思います。

posted by mayu at 01:10| 神奈川 ☀| Comment(0) | 放射線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

福島第一原発情報


綾瀬っ子さんからも、友達からも情報いただきました。

迷いましたが、事前に気を付けられるなら…とブログに載せることにしました…。



武田先生のブログによりますと…

---以下引用----

福島2号機にホウ酸を投入したと発表された。これは核爆発を防ぐためのものだが、現在までのデータから言うと大爆発が起こる可能性は無いではないが、かなり低い。福島原発事故の直後は、燃料集合体がまだ形をなしていたのでホウ素の注入は危険信号だったが、すでに燃料は破壊されている。



東電が詳細なデータ(原子炉の温度や圧力、水の投入量や放射線の状態)を出せば専門家が判断できるが、出さないばかりかウソを繰り返しているので、その中から本当の情報だけを取り出すのが難しいが、すでに2号機の燃料は細かくなって原子炉か格納容器の下に落ちていると考えられる。


冷やすために水を投入しているので(水は核爆発を誘発する)、本来は水を投入しない方が良いのだが、核爆発の可能性を作っている。しかし、全体状況からいって避難する必要はないと思われる。東京、神奈川以北から宮城まで、風向きに注意をすること、インフルエンザ用のマスク、それに2,3本のペットボトルを用意する必要はある。

-------------------------------------------



要は、また放射性物質が飛んでくる可能性があるので、風向きに気を付けていましょう、ってこと。

風向きはここ↓で毎朝チェックしてみてください!

http://agora.ex.nii.ac.jp/earthquake/201103-eastjapan/weather/gpv/wind/






posted by mayu at 22:11| 神奈川 ☁| Comment(0) | 放射線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月2日ツイッター情報


埼玉県産の小松菜を「静岡県産」、茨城県産の白菜を、「兵庫県産」と偽って輸出していたのは、東京築地市場の青果仲卸業者「築地三徳」だ。 放射性ヨウ素が検出されたのは、同社がシンガポールの日本料理店向けに輸出した野菜


外国にも被害が…。こんなんじゃ国内だって怖い。…と思っていたら…(以下の情報)

-----------------------------------------

【とあるスーパー@】近所のスーパー行ったら、今まではブリは千葉県産が大量に売られていたのに、先月途中辺りからブリは「長崎県産」「高知県産」「島根県産」ばかりになっています。しかも、半額シールが貼られているものが多く。。。多分、産地偽装・・・・・。千葉県産だと売れ残ってしまうから
【とあるスーパーA】野菜は見たところ、すべてのものに生産県名が記されている。ただし、福島県産はなし。偶然目に付いた袋入りのフキの水煮を手に取って、裏の生産地を見てみると「原料原産地名国産」と書いてある。これでは何もわからない。その下には製造者として福島県内企業の名前が・・・。

やっぱりスーパーの産地は信用できないなあ。お取り寄せでしか安全な野菜たちは調達できないのかね。

-----------------------------------------


【汚染山菜】汚染山菜を福島県民以上に食べているのは、首都圏の消費者かもしれない。というのは、出荷制限を受けている時期に裏ルートで首都圏にどんどん出荷されたからだ。福島県産だと、卸業者も「それでは売れない」と言うので、話し合った末、新潟、山形県産にして出荷することにした



-----------------------------------------


【牛乳】牛乳は「北海道産」などと謳っていない限り、複数の地域の生乳を混ぜて作られる。本誌は「明治」「森永乳業」「雪印メグミルク」の大手3社に、福島産生乳を使用しているか聞いた。その結果、いずれも県のモニタリング調査で安全性が確認されたものは使用していると回答。

…ありえん。


-----------------------------------------

また似たようなツイートが。

【産地表示】福島県のスーパーマーケットの従業員の話。千葉県産はすぐ売れて次々と補充されるが、隣に置かれた県内産は、手を出す客はいない。売れないからといって、廃棄はできない。売れ残ったトマトは、閉店後の今夜か開店後の明朝、店長の指示で千葉県産の売場にそっと移す。ずっとその繰り返し。

-----------------------------------------


【重要】全国版には載ってないが、非常に重要な情報逗子市の池子小でストロンチウム検出された件 朝日新聞の横浜版にしか載ってませんhttp://twitpic.com/79ksub

-----------------------------------------


posted by mayu at 22:01| 神奈川 ☁| Comment(4) | ツイッター放射能関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。